:: Copyright(c) R S C ,Japan. All rights reserved.



不動産情報サイト事業者連絡協議会

「個人情報保護法」に関する取組み

RSCの「個人情報保護法」に関する取組みについて
 「個人情報の保護に関する法律」(以下、個人情報保護法)では、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とし、個人情報を取り扱う事業者を「個人情報取扱事業者」として、遵守すべき義務等を定めています。
 RSC(不動産情報サイト事業者連絡協議会)では、不動産の物件情報を取扱うサイト事業者として、個人情報保護法について、情報の出し手である不動産会社の皆さまの視点で対応方法等に取組んでまいりました。
 不動産会社の皆さまにおかれましても「個人情報取扱事業者」となられますので、業務上入手する各種個人情報のお取扱いには十分にご留意ください。
「不動産業における個人情報保護のあり方に関する研究会」報告(不動産流通業における個人情報保護法の適用の考え方)・国土交通省によると「物件情報は個人情報である」とされています。
 
 個人情報取扱事業者として、個人情報を取得する場合は、利用目的の明示や公表等を行うことが義務付けられています。明示・公表等はこちらの資料を参考にしてください。
 
● 不動産会社としての「個人情報の利用目的等」の公表・明示用資料(PDF形式)
● 上記資料のご利用方法(PDF形式)
 
 国土交通省ホームページにて「不動産業における個人情報保護のあり方に関する研究会」報告として「不動産流通業における個人情報保護法の適用の考え方」が掲載されています。これは、不動産流通業におけるガイドラインとなるものですので、ご参照ください。
 「不動産業における個人情報保護のあり方に関する研究会」報告について
 


個人情報の取扱いについて